1    

【キム・ミンジュン、See yaMVの為、二日間寝ず!】 
2006-3-31--


キム・ミンジュン、チャ・イェリョンが女性ユニットR&BグループSee Yaの後続曲MV撮影の為再び集まった。

See Yaのタイトル曲「恋人の香り」MVに出演したキム・ミンジュン、チャ・イェリョンは
前曲からつながったストーリーで制作された後続曲「愛しているから」のMVの為に再び息を合わせた。

「恋人の香り」で共に出掛けた旅行中にチャ・イェリョンが事故に遭い記憶を失うという悲しいストーリー。
彼らは「愛しているから」ではチャ・イェリョンとキム・ミンジュンがお互い別れるしかなかった事情と
またその愛を実らせる事が出来るか結末が楽しみだ。

キム・ミンジュンは『二日間夜通し撮影し大変だったけど、前編と同じくMVは綺麗に撮れて
苦労した甲斐があった。 前編は山で撮影され雪原の雄大さを絵のような映像で作り上げ、
今回の後続曲MVでは美しい愛の物語が中心になるだろう』と語った。

チャ・イェリョンもまた『日頃See Yaの音楽を聴いているがSee yaのMVに出演できとても嬉しい』
と撮影の感想を明かした。

一方2月末にデビューしたSee yaはオンオープチャート上位にランキングされ多くの人に愛されている。





【そのままキューっと引き裂いて下さい。「礼儀なき者たち」の撮影現場】
2006-3-06--


"もっと押してそのまま"、"あ〜ちょっと待って"薄情なキラーの手の力が入る度に
足をぐっと広げるバレー(キム・ミンジュン)の口から何度も悲鳴が出てくる。
ぴんぴんに引っぱられたパンツが証明しているように不安だ。
2月20日初めて公開されたソウル タンサン洞で「礼儀なき者たち」の撮影現場、
恥ずかしい体勢のせいで頬を赤らめる事もあるが、
開脚をしているキム・ミンジュンの動作に迷いはない。
その真剣さに伝わったのか?クックと笑っていたシン・ハギュンの顔からも笑顔が消えた。
『もう少し広げたら完全に広げなくても大丈夫』
少し離れた所からこの状況を見ていたパク・チョルヒ監督の
痛々しそうなキム・ミンジュンに言葉をかけた。

「礼儀なき者たち」はこの無礼な世の中の汚く醜い物を排除する2人の
ヒットマン、キラーとバレーの物語。
キラーは先天的に舌足らずというコンプレックスの為、
話さなくなったキャラクター。
セリフはなく表情だけの演技をしないといけないがサングラスをかけた
シン・ハギュンは「顔半分」だけが存在する。
バレリーナ出身のヒットマンキラーは舞踊を習った事のないキム・ミンジュンとしては
大きな挑戦、動作一つ一つ、はなはだ優雅な舞踊を見せなくてはいけなく
毎日3,4時間孤独な練習をしてきた。
難しいキャラクターを自分の物として作っていかないという難しさと共有しないといけない。
口をつぐみ完熟した演技を見せるシン・ハギュンとは180度近くまで足を広げる
キム・ミンジュンのコンビプレイが尋常じゃないように見える。

一度体をほぐした2人が今度は屋上の手すりに座り話をしている。
屋上はこの世の中から疎外されたキラーとバレーがお互いの心の傷を癒す空間、
制作陣がソウル市内を駆け回り探し出した健康管理保険の建物の屋上は
漢江が見下ろせる点が魅力的だが、裏世界の男たちには似合わない
新しい建物だが完璧なリモデルが必要だった。
廃タイヤ、自転車の車輪、鳥かごなど色んな小道具が古いビルの雰囲気をかもし出し
錆びた看板まですべてが制作陣の手によって作られた。
現在最後の撮影をしてる「礼儀なき者たち」は来る5月観客の前にお目見えする。

 

 



【独特なキャラクターの「礼儀なき者たち」撮影現場】
2006-3-03--
ヒットマンキラーとバレーの隠された理由をこっそり公開します。



漢江が見えるソウル タンサン洞の建物で音楽が流れる中で尋常でない
キャラクターたちが普通には見えないシーンの演出をしている。
世界どこにでもいる「礼儀なき者たち」を懲らしめる方法を相談するシーンをこの屋上で
プロフェッショナルのヒットマンキラーとバレーには休息のような友人になる空間だ。

去る2月20日初めて公開された映画「礼儀なき者たち」の撮影現場は
バレリーナ出身のヒットマンバレーの心を見る事の出来る重要なシーンの撮影。
貧しい人たちの為に踊る空間を作ろうとするバレー、その為閉鎖されたビルの屋上を
自分だけの舞台を作るが予想もせずにこの空間を放棄しないといけない状況に陥る。
むなしい気持ちを慰める為自身の過去を思い出しながらストレッチに没頭するバレーと
彼を見守るキラーの会話がこのシーンの重大さを表現している。



無表情な顔で開脚をするのは簡単な事ではないという当事者。
スポーツ選手出身の万能スポーツマン、キム・ミンジュンは昨年12月から練習を重ねストレッチの動作の為。
すべての力を傾けた。毎日3,4時間現役のバレリーナから指導を受けた効果があったのか簡単に撮影は終了した。
バレリーナの踊りを完璧にこなさないといけないキム・ミンジュンとは違い彼のストレッチを手伝うシン・ハギュンは余裕満々。
言葉を発せずすべての演技を表情で勝負するシン・ハギュンは
苦労しながら開脚をするキム・ミンジュンを見ながらキッキと笑いながら撮影現場の雰囲気を和ませた。

「ボレロ」が響き渡る中央大学アートセンター内の大劇場、キラーとバレーがバレーの公演に静まり返った客席に座っている。
バレーが愛する恋人の公演を見ながら涙する姿を見たキラーはまた、自身の人生について深く考え込んでいる。
愛する恋人の鑑賞にひたるバレー、舌足らずと言うコンプレックスの為、
話さないキラーという設定で撮影現場の雰囲気は一言で静寂そのもの。
だけど心のセリフが二言のシン・ハギュンは前代未聞のナレーションで観客を笑いの渦に巻き込む予定、
彼の表情が深刻な時ほどどんなナレーションが心の中で考えているか気になる程期待感が大きくなる。



韓国映画至上独特なキャラクターの「礼儀なき者たち」の2度目の撮影現場が
公開があった2月24日95%以上撮影を終えた状態。
《社会全般的なシステムの不当性を指摘したかった》とパク・チョルヒ監督は
5年間準備をしたシナリオを通じ新人監督としてデビューする。
イ・ジャンホ、チャン・ソヌなど8〜90年代を代表する忠武路の代表監督たちの下で演出を行ってきた。
パク監督は《コンプレックスを持った人たちを馬鹿にする人たちがまさに礼儀ない者たちだ、
キラーとバレーというキャラクターを通じ
このような世の中に立ち向かう方法を描きたかった》と作品の趣旨を述べた。
舌足らずで話さなくなったキラーとバレリーナ出身のバレー、
そして唐突で何かを隠して生きている女(ユン・ジヘ)が巻き起こす
「礼儀なき者たち」は最終撮影を終了後、演出作業を経て5月に観客の前にお目見えする。

★キム・ミンジュン インタビュー

Qバレーはどんなキャラクター?

キラーの先輩でバレリーナ出身のヒットマン。膝に水がたまる様になり夢を諦め新しい仕事として
ヒットマンを選択した男で仕事に忠実なキャラクター。

Qバレリーナ出身という役だけど大変ではないですか?

アクションシーンは専門の代役の先生がトレーニングを手伝ってくれています。
バレーというのは決まった動作をしたりするジャンルで正直難しいです。
30を過ぎて踊るという事と程遠くなっているのでストレッチ(開脚)を撮影する為何ヶ月間苦労しました。
以前運動はしていたけどそれとは違いタイツにも凄く気になった。
でも想像を通して現実と非現実の狭間で重要なシーンだったのでいい加減に演じることは出来なかった。
(共にインタビューを受けているシン・ハギュンはキム・ミンジュンに向かって《かっこいい!》と賛辞を連発した。

Q特別な殺人技術があるようですが?

個人的に感想を言わせてもらうとシン・ハギュンのアクションは荒いイメージ、反面バレーは
バレリーナ出身だからバレーの特性を生かした柔らかい線のような感じ、言葉では表現しにくいです。

Q「礼儀なき者たち」に出演を決めた理由は?

タイトルから来るインパクトがよく監督とシン・ハギュン先輩に会った後により確信を持てました。
監督が作りたい物が気に入ったし、先輩と競演できるという事で多くの魅力を感じた。
また"バレー"は成長していく俳優としてどうしても演じたいキャラクターだった。

Q<強力3班>で成長していく刑事役で俳優としても成長しているがご本人とよく似ていると話していたが?

あまり変わった事はないです。演技にまい進する延長線上で進んでいかないといけない。
弓を引いてる時点でまだ弓を放つときではないです。

Qシン・ハギュンとは2003年<火星に行った男>以降2度目の共演ですね。

あの時は演技を始めたばかりで俳優として欲がいっぱいあった。
もう少し俳優として成長した後にお会いしたかったので正直早く共演したように思えます(笑)
シン・ハギュン先輩の映画や演技すべて好きです。
常にその魅力が何か気になっていたので共演してみてキャラクター自体を感じる事が出来ました。

Q実生活で「礼儀なき者たち」を見たらどういう行動をしますか?

自分と全然関係なかったらほっとくが、自分と少しでも関係がある人だったら注意をする方です。
でも俳優になってそういう事が悪影響を及ぼす事もあるので表立ってはそういう事をしなくなりなした。

Q「礼儀なき者たち」を公開を待っているファンに一言。

シナリオを読んで感じたように観客も映画を見て得る部分があると思ます。
「礼儀なき者たち」の中間中間で面白おかしく表現された部分から
映画を見終わった後に感動を覚えるような映画になると思います。



【キム・ミンジュンーシン・ハギュン「礼儀なき者たち」処理完了!】
2006-3-02--

キム・ミンジュンとシン・ハギュンの「礼儀なき者たち」をすべて処理する。

映画「礼儀なき者たち」は先月25日ソウル タンサン洞にあるビルの屋上でクランクアップした。

「礼儀なき者たち」は舌足らずで世の中との疎通を絶ったヒットマンキラーと
バレリーナ出身のヒットマンバレーの愉快な物語。

この日シン・ハギュンとキム・ミンジュンは劇中でバレリーナ出身のバレーが
貧しくて練習する場所がない人たちの練習場を案内しキラー(シン・ハギュン)が
笑みを浮かべるシーンの撮影を終え4ヶ月間の撮影に幕を下ろした。

特に撮影現場には主演俳優以外にも撮影がなかったユン・ジヘや
助演俳優みんなが集まり目を引いた。

比較的暖かい天気のこの日、撮影を終えたシン・ハギュンは
『良い作品を気の合う人たちと共に出来たので楽しかった』と感想を述べた。

撮影後開かれた会食の場でシン・ハギュンはスタッフ一人一人に
感謝の挨拶をし"礼儀正しい"姿を見せていた。

『撮影をした俳優、監督、スタッフだけの独特の世界を作る事ができた』と言った
キム・ミンジュンの言葉より普通じゃない人たちが繰り広げるハプニングを描いた
映画「礼儀なき者たち」

世の中を生きていくのに「礼儀なき者たち」とはどんな事なのか悩ます
この映画は編集作業を経て上半期に公開される予定です。







KMTV news と M-net wide news のVOD
2006-2-28--
【KMTV】 【M-net wide】



【長いウェーブヘアーで帰ってきたキム・ミンジュン”実はウィッグ”】
2006-2-28--
キム・ミンジュンが魅力的なウェーブヘアーで帰ってきた。
2003年ドラマ「茶母」で長いヘアーを振りかざしながらウェーブチャン
(チャンとは韓国で最高とか1みたいな表現の時使います)
という愛称で愛されてから3年ぶり。

キム・ミンジュンは映画「礼儀なき者たち」で過去にバレリーナであったが
今はヒットマンバレーとして出演している。
長い手足と優雅な体つきに合うロングヘアーはバレーのイメージを
出すに重要な部分である。

でも映画のキム・ミンジュンのヘアーは実際はウィッグを使っている。
「プラハの恋人」に出演当時エリート検事役を演じたので
キム・ミンジュンのヘアーの長さが合わず
ウィッグをつけてヒットマンバレーとして演技した。

キム・ミンジュンは撮影当初より髪がのび長さが近づいたと言い
自由な雰囲気を表現したいと考えている。
ウェーブヘアーが楽だといい’ウェーブチャン’らしい感想を述べた。
「茶母」のチャン・ソンベクと「礼儀なき者たち」のバレーには似ている所があるという
キム・ミンジュンのキャラクターは多く共感出来る点があり演技したとも話した。

5月に公開を予定の映画「礼儀なき者たち」は礼儀なき人間たちだけ
処刑するという原則を持って殺人請負業をしているヒットマンの話を描いた作品で
「ウェルカムトゥマッコリ」で主演をしたシン・ハギュンも主人公として出演し、
シン・ヒョンジュンもヒットマンの先輩としてバレーと共演する。





【礼儀なき者たちの合成処理キラー】
2006-2-28--
【礼儀なき者たちの合成処理キラー】
5年間のシナリオ作成パク・チョルヒ監督の初作品、興行ヒット予感シン・ハギュン、キム・ミンジュン



異色の2人のキラーの登場で関心を集めている映画「礼儀なき者たち」の
撮影現場公開と記者会見が24日中央大学アートセンターで行われた。

【VOD】

イ・ジャンホ、チャン・ソヌ、ファン・キュドク監督たちと長い演出生活を経て初監督作品を
作るにあたりシナリオ作成に没頭し約5年間準備してきた映画。
突飛な物語の映画で舌足らずのヒットマンシン・ハギュン、バレリーナ出身の
ヒットマンキム・ミンジュンが主演する。
シン・ハギュンが演じるヒットマンは映画の中ではほとんどセルフがない役。
だからシン・ハギュンは各シーンで彼がナレーションをする事を念頭に
おいて演技しないといけない。
「ウェルカムトゥマッコリ」、「拍手する時に去れ」で映画ヒット俳優として確固たる
地位を築いた彼が演じるヒットマンのキャラクターをどう表現するか注目される。
最近作<プラハの恋人>や映画<強力3班>を通じ好評を得たキム・ミンジュンは
孤独で純粋なバレーというキャラクターに魅了され出演を決心したと明かした。
この日公開されたシーンはキラー(シン・ハギュン)がバレー(キム・ミンジュン)を
通じ自分を振り返るシーン、
劇中膝の怪我でバレーを諦めざるえなくなった前職バレリーナ出身の
バレーが愛する恋人の公演を悲しそうに見る姿を見たキラーが自分の人生と
愛について考えるという内容のシーンの撮影。
映画でバレーはキラーにとって同僚だけど先輩ヒットマンとして
特別な同僚愛を持っている。
ヒットマンとしての人生を歩んでいるキラーにはバレーに自分たちなりの
ルールを持って
ヒットマンとして生きていくよう助言をするような関係として設定されている。




バレリーナヒットマン役を難しい点はないかという質問にキム・ミンジュンは
「お解かりのようにバレーは自由に踊るのではなく決まった踊りを
しないといけないので難しかった」と答え
それに付け加えシン・ハギュンが「ミンジュン氏がたくさん努力をして
僕もたくさん勉強になっている。
足を蹴りながらターンをするシーンでバレーの動作で演技する姿を見て
ビックリした」と絶賛した。
去る11月クランクインして現在大詰めを迎えているが3月初めに
クランクアップする予定。アップ後に作業を行い5月に公開予定。








【キム・ミンジュン バレーvsシン・ハギュン キラー、キャラクターも強烈!】
2006-2-27--








映画「礼儀なき者たち」の最新の撮影現場が公開された。
20日ソウル タンサン洞のある建物の屋上で「礼儀なき者たち」の現場が初めて
公開されキラー(シン・ハギュン)とバレー(キム・ミンジュン)が夢に挫折したシーンが撮影された。

バレーリーナ出身のヒットマンバレーは話もせず、ずっと音楽を聴きストレッチをする設定で
舌足らずで話す事をしなくなったヒットマンキラーがバレーの話を聞いてあげるというシーン。

この日キム・ミンジュンは昨年12月から現役バレーリーナの指導の下、
練習を重ね柔軟なストレッチをスムーズにこなせるようになった。

二回目の公開現場は24日中央大学内アートセンターの大劇場で行われた。
この日の撮影はキラーがバレーを通じ自身の過去を振り返りシーンでバレーが
愛する恋人の公演を見ながら涙を流すシーンを見守り、キラーが自分の人生や
愛について色々と考えさせられるシーンが撮影された。

強烈なキャラクターとタイトルで期待を一心に集めているシン・ハギュン、
キム・ミンジュン主演の映画「礼儀なき者たち」は現在98%の撮影を終え上半期公開を控えている。




解決士に名乗り出たシン・ハギュン、キム・ミンジュン!映画「礼儀なき者たち」
2006-2-27--
全国の隅々に住む「礼儀なき者たち」緊張してください。
この地で礼儀なき者たちをしつけるという使命感を持って威風堂々現われこの者たちを
処罰する解決士として現れたシン・ハギュン!
シン・ハギュンと共に道徳的に名乗り出て、また他の同業者よりタフなイメージで臨む魅力的な男、
キム・ミンジュン。この2人が大変なことをしでかすそうです。

インタビュー:シン・ハギュン、キム・ミンジュン
こんにちわ。

彼らの職業は他にもないヒットマン。ヒットマンといえば鋭い目つき、残酷なイメージが浮かぶでしょう?
でも彼らはキラートバレー、ちょっとダサい名前、前代未聞大それたヒットマンだそうです。

インタビュー:シン・ハギュン
依頼を受けて人を殺すヒットマンなんだけどルールがあります。
その中に礼儀ない者たちだけを始末するんです。

虫を捕まえる人が皆同じじゃないように人を殺すヒットマンも色んなヒットマンがいます。
彼らは厳重な基準で選択された礼儀ない者たちだけを始末するんです。

インタビュー:シン・ハギュン
弱い人を利用する人たち…

インタビュー:キム・ミンジュン
恥ずかしい行動をする人たち…

スカウトを受けて突然ヒットマンになったシン・ハギュン!
真っ黒な服装でヒットマンの匂いがするけど、行動はちょっと寒いでしょ?

次は服を脱いで悲壮なぐらいな勢いで扉を蹴るけど結果はやはり…

これでヒットマンとしての体面が立ちますか?経験未熟でいつも自爆するんです。

インタビュー:シン・ハギュン
僕より他の人がもっと大変です。

劇中ヒットマンの人生最大の悲哀は舌足らず!
そのコンプレックスの為にほとんど口をつぐみ生きているのでほとんどセリフがないんです。

絶体絶命の危機の瞬間!意思疎通はそうするか?こうやって字を書きます。
あまりにも天真爛漫でしょう。

また理由はここにあります。膝の怪我でバレーを諦め前職はバレーリーナ、
恋人のバレーの公演を観覧中思いがけない行動をしてしまいます。

インタビュー:キム・ミンジュン
アドリブ…

シンハギュン:それを見たかったんです。
ヒットメーカーと言われるシン・ハギュン、やさしいイメージのカリスマキム・ミンジュン、
この2人が主演するという事で話題集中されています。実際には一緒に仕事をするのは初めてだそうです。

インタビュー:シン・ハギュン
人として礼儀正しくて立派な方です。

キム・ミンジュン
とても楽しいです。食事をしてても面白いし…

彼の名前はどの映画でもカメレオンのように変身に変身を重ね
最高の俳優としての名声が高い強力で純粋なシン・ハギュン。

完璧なスタイル、それに合った演技力を持ち誰もが認めるキム・ミンジュン。

彼らが作りだす移植の映画「礼儀なき者たち」

インタビュー:シン・ハギュン、キム・ミンジュン
必ず一度見てください・
たくさん期待して…礼儀なき者たちファイティーン!

【VOD】



【沈黙マンキム・ミンジュン”シン・ハギュンと出会い言葉で遊んでいる”】
2006-2-25--


《矢を引いてる所です》
俳優キム・ミンジュンは24日午後2時ソウル中央大学内アートセンターで開かれた
記者懇談会で演技感を表した。
「強力3班」後2作目の主演を演じるキム・ミンジュンは「強力3班」以降変化もなく
まだまだ発展途上みたいだと話した。
キム・ミンジュンは《まだ矢を引いてる感じ、まだ矢を放す時ではない》と付け加えた。

またキム・ミンジュンは共に主演しているシン・ハギュンに対して《演技する同僚の立場ではない
一ファンとして作品ごとに違った姿を見せる彼の姿が凄く気になった。
初めて会って観察して立場は違うが今は共感する立場になった》映画のたびに違った
キャラクターに変身するシン・ハギュンに対して絶賛した。
口数が少ない俳優として有名なキム・ミンジュンは《2人はよく話をする。普通の会話、
独特な2人だけの言葉遊びをしている》と語った。

出演本数が少ないから成長する演技者として、どうしても演じたかったキャラクターと
言ったキム・ミンジュンはタイトルが与えるイメージが良かった。
シン・ハギュンと共演出来てもっと良かったと撮影の感想を述べた。
キム・ミンジュンはこの映画で怪我でバレリーナの夢を諦めヒットマンバレーとして
新しいヒットマンの姿を見せてくれる。
シン・ハギュン、キム・ミンジュン主演の映画「礼儀なき者たち」は現在95%の撮影を終え5月公開予定。



【キム・ミンジュン、礼儀なき者たちは少数に被害を与える】
2006-2-24--


俳優キム・ミンジュンが「礼儀なき者たち」に対する自分なりの対処法は
《自分に直接かかわる礼儀ない行動はかまわないけど
多くの人に迷惑をかけたりする姿を見たら自分とかかわりのある人だったら
必ず注意するだろう》と話した。

24日中央大学アートセンターで開かれた映画「礼儀なき者たち」の記者懇談会で
キム・ミンジュンは《芸能人という職業上行動前に慎重に考えて行動する、
でも僕の性格は血の気が多いので多くの人に迷惑をかけるとその人一人の問題じゃなく
みんなの問題だから注意しないといけないと思う》と明かした。

また《「礼儀なき者たち」に対し恥ずかしい行動をしても恥だと思わず人間として発展しないと言い、
国砕主義者や集団利己主義者のせいで社会的弱者に被害を与える事が礼儀ない事だ》と指摘した。
キム・ミンジュンは《自分がすすんで自分が常に礼儀があるのかという質問に
たぶん誰もが常に悩まないといけない問題だ》と付け加えた。

キム・ミンジュンは映画「礼儀なき者たち」でバレリーナ出身のバレーで活躍し
シン・ハギュンと息を合わせた。
世の中に礼儀ない者たちを処理するヒットマンの話しでこの映画は5月公開を目指し
撮影の大詰めを迎えている。



【キム・ミンジュン ぴったりのバレータイツを着ないといけないので心配が多かった】
2006-2-24--


《バレータイツを着るのが心配だった》

俳優キム・ミンジュンが24日午後2時ソウル中央大学内 アートセンターで
映画「礼儀なき者たち」の記者懇談会で映画バレーというキャラクターについて話をした。

キム・ミンジュンは《膝の怪我でバレリーナの夢を捨てバレーというキャラクターで
バレーのポーズを応用したポーズをしないといけなかった、
バレーが凄く難しかった》と難しさを語った。

引き続きキム・ミンジュンは《バレーが形成されていて難しく踊りが難しかった、
30を過ぎて踊る事から遠ざかりより難しかった》と付け加えた。

キム・ミンジュンは《ぴったりくっつくタイツをはいて撮影前はすごく心配だった。
直接踊るシーンはなかったけどタイツをはいた》と話した。

彼と共演するシン・ハギュンは《女性の方たちはタイツをはいたシーンが気になるはず、
タイツをはいた彼はすごくかっこよかった》と
さりげなく話してくれた。

キム・ミンジュンはこの映画でバレリーナ出身のヒットマンバレーを華麗で
優雅なナイフさばきを見せてくれる。

シン・ハギュン、キム・ミンジュン主演の「礼儀なき者たち」は95%撮影が終了し5月公開される。



【礼儀なき…変身派シン・ハギュンvs努力派キム・ミンジュン】
2006-2-24--


映画「礼儀なき者たち」でヒットマンとしてシン・ハギュン、キム・ミンジュンがお互いを評価した。

24日ソウル中央大学アートセンターでの撮影が公開されシン・ハギュンが
《キム・ミンジュンは努力する俳優》と表現し、キム・ミンジュンは《シン・ハギュンは
演じるにあたってどんな役にも変身する秘訣を知りたかった》と先輩演技者に尊敬を表した。

この映画でシン・ハギュンは舌足らずで世の中から疎外した生活をし、
「礼儀なき者たち」を処理するキラー役を演じ、キム・ミンジュンはバレリーナ出身の
ヒットマンバレー役を、自分たちなりの基準で人を殺す演技をする。

特にキム・ミンジュンはバレリーナとして普段60度しか開かない足を180度近くまで開く情熱を見せた。

これにシン・ハギュンは《尊敬する部分の一つで俳優キム・ミンジュンは本当に
たくさんの努力をいとまない、バレーのポーズ一つにしても表現が難しいがそのポーズを応用した
アクションが多かったけどよく準備してきた》と付け加えた。

キム・ミンジュンも《同僚俳優ではなく映画が好きな一人のファンとして作品ごとに
見せるシン・ハギュンという俳優に好奇心を持っていた、実際お会いして観察したけど
シン・ハギュンの魅力は色んな作品ごとに演技者として変身する》と話した。

俳優ではない一人の人間シン・ハギュンに対して《映画の設定上話さない役だから
撮影の休憩時間はよく話しをする、特にハギュン先輩は言葉遊びをよくする》と秘話を明かした。

監督とスタッフ、俳優で形成されたコードがあるという事、彼は《僕たちはキッキと笑うけど
他の人は理解できないだろう》映画同様、独特な世界が形成されている事も明かした。

シン・ハギュンは《元々人見知りがひどかったけど、今はそれもなく撮影準備をする
間いたずらをして良く遊ぶ》と和気藹々とした撮影雰囲気を伝えてくれた。

現実の中で舌足らずのヒットマンから表現される「礼儀なき者たち」、シン・ハギュンと
キム・ミンジュンの完璧に息の合った映画で5月公開が待ち遠しい。



【シン・ハギュン、キム・ミンジュン「礼儀なき者たち」に対処する方法】
2006-2-24--


シン・ハギュンとキム・ミンジュンが礼儀なき者たちに対処する方法を明かした。
24日ソウル中央大学アートセンターで撮影現場が公開され彼らは礼儀なき者たち
に対処する方法を明かした。
この映画はシン・ハギュンとキム・ミンジュンは自分たちの基準で礼儀亡き者たちを
処理するヒットマンで特別な演技をする予定。
ヒットマンキラー役をするシン・ハギュンは《礼儀なき者たちを見ても
見てみぬふりをする》と話し笑いを誘った。
彼は《礼儀なき者たちを見たら腹が立つがそれは心の中だけ》とまた笑いを誘った。

キム・ミンジュンもあまり変わらない。
今回の映画でキラーに方法を教えるバレー役を演じるキム・ミンジュンは《他人だったらほっておく》と言い
《でも知ってる人だったらたぶん注意すると思う》と話した。
また《血の気が多いけど今は芸能人だから我慢や制約を多い》と話し
《だから礼儀なき者ではないし行動する前に考えて行動する》と付け加えた。

この映画を通じ相対的に礼儀ない者に対しもう一度考えなければならないと
シン・ハギュンとキム・ミンジュン。
むしろ自分がどう生きてきたかを振り返り今回の映画を通じ変身した彼らの演技が
楽しみな「礼儀なき者たち」は現在95%撮影を終え5月公開予定である。



【キム・ミンジュン バレーのポーズ応用したヒットマンの演技を見てください】
2006-2-24--


「プラハの恋人」のキム・ミンジュンがパク・チョルヒ監督のスクリーンデビュー作「礼儀なき者たち」で
前職バレーリーナのヒットマンとして変身した。

24日午後午後2時ソウル 中央大学アートセンターで行われた撮影現場の公開で
キム・ミンジュンは《作品を初めて見た時タイトルがすごく良くて今回この作品に参加したい、
監督がしようとしてる話の意図が人目で伝わってきた》パク・チョルヒ監督に対する
強い信頼を明らかにした。

《作品をいくつも演じていない演技者》と自身を紹介したキム・ミンジュンは
《言葉では表せない多くの魅力がある映画、
どうしても演じたいキャラクターだった》と自分が演じる役に対する愛着を表現した。

キム・ミンジュンは劇中舌足らずのヒットマンシン・ハギュンの先輩ヒットマンとして
格別な同僚愛を持っている人物’バレー’の役を演じる。
膝を怪我をして踊る事を諦めるしかなかった彼はバレーリーナ出身らしく華麗で
優雅なナイフさばきを見せる。

キム・ミンジュンは《ハギュンヒョン(兄)が点という演技をするなら
僕はバレリーナ出身らしく点を結ぶ柔らかい線をを描く演技をしたい》と言った。
パク・チョルヒ監督も《ミンジュン氏の場合、バレリーナだったのでナイフをかざす時
バレーを応用したヒットマンの演技を見せる》と予告した。

映画「礼儀なき者たち」は先天性舌足らずの為、話さず生きてきたキラーシン・ハギュンが
汚く堕落した世の中に立ち向かっていく
独特な内容の作品で現在95%以上撮影が進み、昨年11月10日クランクインし
現在スタッフが演出作業を行い5月公開される予定。



【ヒットマンに変身したシン・ハギュン、キム・ミンジュン】 
2006-2-24--


静かなクラシックが流れる劇場、舞台の真ん中に一人のバレリーナが音楽に合わせ踊っている。
そして誰もいない客席に静かに公演を見守る2人。
一人はブラックの服に黒のサングラス姿、もう一人は真っ白な服を着た二人が深刻な表情で
バレリーナを見つめている。

24日午後ソウル中央大学キャンパス内アートセンターで行われた「礼儀なき者たち」の
撮影現場が公開されブラックの服の男性は映画「ウェルカムトゥマッコリ」のシン・ハギュン、
真っ白な服の男性は映画「強力3班」のキム・ミンジュン。

映画でキラー(シン・ハギュン)はバレー(キム・ミンジュン)が愛する恋人の公演を見つめる撮影現場。
この大きな劇場で撮影スタッフの”レディー!アクション”の声が響くと公演を
見つめていたバレーが席を立ちすぐにキラーがその後を追う。
映画の中でヒットマンとして登場する二人、今回の撮影現場はシン・ハギュン、
キム・ミンジュンが自身の人生と愛を振り返るシーン。

映画「礼儀なき者たち」はこの世の中を生きていく中でとんでもない人たちを描いた物語。

撮影現場公開後、開かれた記者懇談会でパク・チョルヒ監督は世の中に
とんでもない人たちのせいで善意の被害者がうまれてしまう。
力がない人たちがとんでもない奴らを’処理’する方法がなく悩み、
そして彼らヒットマンに彼らを処理してもらってこの世の中の秩序を守る姿を見せたいと話した。

映画でシン・ハギュンは舌足らずで世間の人たちとは接する事なくヒットマンになった。
キム・ミンジュンは過去バレリーナであったが思いがけない怪我の為、
仕方なくヒットマンという職業を選択した。
彼らは世の中にはびこる悪い奴ら「礼儀なき者たち」を処理するという
自分たちなりの規則を持って職をこなしている。

なぜこの映画に出演するに至ったかと聞くと彼らは打ち合わせをしたかのように
映画のタイトルからくる強烈なイメージだと話した。

昨年11月クランクインした映画「礼儀なき者たち」は95%の撮影を追え5月公開予定である。



シン・ハギュン - キム・ミンジュン 「礼儀なき者たち」は緊張しろよ!
2006-2-24--
24日午後ソウル フッソクトン 中央大学内 アートセンターで
映画「礼儀なき者たち」の撮影現場公開、記者会見が行われた。

記者懇談会終了後シン・ハギュン、キム・ミンジュンは明るい表情で写真撮影を行った。
題名どおり「礼儀なき者たち」だけ選び殺すと言う自分たちの原則を持っている
ヒットマンの話を描いた映画「礼儀なき者たち」は5月公開予定だ。





深刻な表情の2
2006-2-24--
映画俳優シン・ハギュン、キム・ミンジュンが主演しパク・チョルヒ監督が
メガホンを持った映画「礼儀なき者たち」は撮影現場公開が中央大学
セチョンニョンホールで行われた。
主演俳優シン・ハギュンとキム・ミンジュンは劇場でバレーを見るシーンを演出している。





キム・ミンジュン 前職バレリーナ出身ヒットマンです!
2006-2-24--
24日午後2時ソウル フッソクトン 中央大学内アートセンターで
映画「礼儀なき者たち」の撮影現場が公開、記者会見が開かれた。
記者会見終了後キム・ミンジュンがカメラの前でポーズをとった。





パク・チョルヒ監督「世の中礼儀なき者たちがあまりに多すぎる」  
2006-2-24--
シン・ハギュン、キム・ミンジュン主演の映画「礼儀なき者たち」のパク・チョルヒ監督が
礼儀内世の中に反旗を翻すためメガホンを取ったと明かした。

24日午後2時ソウル トンジャック フクソットンの中央大アートセンターで行われた
「礼儀なき者たち」の公開撮影現場でパク・チョルヒ監督は「この世の中人は
道徳や野心がなくなり、礼儀なき人たちがあまりに多くてシナリオを書くことにした」と
映画制作の動機を明らかにした。

「礼儀なき者たち」でスクリーンデビューするパク・チョルヒ監督は礼儀ない人たちが多いせいで
被害を受ける人たちがあまりにも多くなっていると言い絶対的に力で表現する強烈な
イメージが”刀”と考え刀を使うヒットマンを使い世の中を秩序ある世の中にしたかったとも話した。

映画「礼儀なき者たち」は先天的に舌足らずのシン・ハギュンが汚い世の中に対決していく
独特な主題の作品で長い演出を経てパク・チョルヒ監督が5年間準備をしスクリーンデビュー作品だ。

パク監督は「シン・ハギュン氏やキム・ミンジュン氏みたいに努力をする俳優がいなければ
この映画は出来なかった」と言い「シン・ハギュン氏がセリフがないだけ色んな想像を
出来るナレーションを見せてくれる」と話し主演俳優の2人に対して強い信頼を見せている。
パク監督は「シン・ハギュン氏の声は美声だから女性たちに喜んでもらえると言った。

パク監督はまた、「舌足らずと言う理由で社会に馴染めず生きていく一人のヒットマンの
物語を通り過大妄想かもしれないが「礼儀」という部分を守ってほしい」と言い
映画を見終わった後周辺を見渡す事の出来る余裕を持ってほしい」と公開前の期待を表した。

この日公開撮影現場では前職はバレーリーナ出身の先輩ヒットマンキム・ミンジュンが
愛した女性のバレーの公演を見ながら涙を流し、その姿を見たシン・ハギュンは
自身の人生と愛について考えるシーンを撮影した。

昨年11月10日クランクインし95%以上撮影が終了し映画「礼儀なき者たち」は
今週中にクランクアップしたあと、5月の公開を予定している。



シン・ハギュン、キム・ミンジュン 各自違う個性を持ったヒットマンらしいです。
2006-2-24--
24日午後2時ソウル フクソットン 中央大学内 アートセンターで
映画「礼儀なき者たち」の撮影現場公開、記者懇談会が行われた。
記者懇談会後シン・ハギュン、キム・ミンジュンが明るい表情で写真撮影をしている。
題名どおり「礼儀なき者たち」だけ選び殺すという原則を持っているヒットマンの姿を
描いた映画「礼儀なき者たち」は5月公開予定。





映画「礼儀なき者たち」記者懇談会
2006-2-24--
24日午後ソウル フクソットン 中央大学内アートセンターで
映画「礼儀なき者たち」の撮影現場公開、記者懇談会が行われた。
記者懇談会終了後、パク・チョルヒ監督、シン・ハギュン、キム・ミンジュンが
明るい表情で写真撮影をしている。
題名どおり「礼儀なき者たち」だけ選び殺すという原則を持っているヒットマンの姿を
描いた映画「礼儀なき者たち」は5月公開予定。






よく映ってる?
2006-2-24--
24日中央大 セチョンヨンホールで公開された「礼儀なき者たち」の
撮影現場で主演の2人が演技のモニタリングをしている。






にっこり笑う二人
2006-2-24--
23日公開された映画「礼儀なき者たち」の撮影現場で主演の2人は
バレー観覧シーンを演技している。





観客は2人だけ…
2006-2-24--
23日公開されたパク・チョルヒ監督の映画「礼儀なき者たち」の撮影現場
(中央大 セチョンニョンホール)に詰め掛けた報道陣はバレー公演観覧場面の
演技中の主演俳優シン・ハギュンとキム・ミンジュンを取材している。






もう出よう...... 
2006-2-24--
24日「礼儀なき者たち」の撮影現場(中央大 セチョンニョンホール)で公開された。
主演のシン・ハギュン、キム・ミンジュンが劇場でバレーを見て出て行くシーンを撮影した。





Channel 2.0 と MBC セクションTV 芸能通信のVOD
2006-2-22--
【VOD】 【VOD】


【礼儀なき者たち夜道に気をつけろ!】
2006-2-22--


舌足らずで手術費用を稼ぐ為ヒットマンになったキラー(シン・ハギュン)と膝の怪我でバレリーナになる事を
諦めた夢を特有の繊細さに人を殺す時に使う'バレー'が会う屋上でフィグマリオン効果について話をしている。
そして神話に出てくるフィグマリオン王が自身が彫刻した女人像を生きている女性のように大切に扱うと
美の女神アフロディテが生きている女性のように話を聞いてあげたというこの話を
'やれば出来る'と考えれば何でも出来るという現代人の願いを表している。

幼い時に舌足らずという事でいじめられた事を理由に口を閉ざし生きるキラーに
バレーは'あんたも話す事は出来る、努力してみろよ'と励ますが意味深な笑みを浮かべるだけのシン・ハギュンの姿に
一方的に殺人を行わない「礼儀なき者たち」だけを殺す劇中キラーの姿をそのまま表現しているように見えた。

寒さがまだ残るソウル タンサン駅近くの建物で行われた「礼儀なき者たち」の撮影現場が公開され
真っ黒な服を着たシン・ハギュンと白いジャケットをはおったキム・ミンジュンが登場して撮影が開始された。
都会の夜が似合うヒットマンというよりやさしく見える衣装のキム・ミンジュンとオールブラックがコンセプトの
シン・ハギュンはヒットマンの世界で黒と白のあい対する姿をくっきりと区分している。







会うや否や足を広げてストレッチを始めた二人はお互いをひっぱり合い準備に余念がない。
スタイリストが準備したベルサーチのサングラスが届くとすぐにかけるシン・ハギュンは
後ろであんまするキム・ミンジュンを見ながら《(ストレッチより)爽やか?》と言いながら
バレーの先生の後ろでポーズを取り《胸がつくぐらいしないと》とそばで手伝っていた。

屋上中央にひかれた床の雑巾がけが終わるとテストではつま先につかず膝が開かないキム・ミンジュンが
見るに辛そうな《開脚を成功させよう》、《この時すぐに撮ってよ》と掛け声をかけ、動作をした。
約2ヶ月練習しただけであれだけのポーズをとるには大変だけど覚えが早いと
足のポーズに満足しながらバレーの先生はすぐに手の動作の修正に入った。

劇中バレリーナだった過去を持っている'バレー'は優雅な手先で人を殺すプロ、
舌足らずの手術費1億を貯める為ヒットマンの先輩としにて混乱している彼に
一種のルールを設けて罪悪感から抜け出す方法を教えた人物。
少しの回転動作だけのシン・ハギュンに対してアクションシーンが多いキム・ミンジュンは
「強力3班」の刑事のイメージを脱ぎ捨てて柔らかいイメージのヒットマンに変身した。

監督のOKサインが出て撮影シーンの確認の為、カメラに近づいてきた二人は開脚のシーンが
代役みたいと言う言葉に《もう少し開いたらどう?》と欲を出したキム・ミンジュンと
《あれぐらいだと完璧なのにもっとするの?》と褒めたシン・ハギュンは自分の姿より
お互いに対する思いやりの姿を見せた。

雲が出てきて違うシーンの撮影が難しくなってきたので記者懇談会が行われ
言葉少ななシン・ハギュンが終始楽しい雰囲気を作り進行されていった。
せりふのない演技で難しくないかと言う質問に《'復習は我にあり'のキャラクターを同じ、
そこでは聞く事が出来ないから話す事も出来なかったけど、僕は聞く事は出来るが舌足らずで話さないだけだ。
演技するにはリアクションが必要だがそれが出来ないので相手がもっとやりずらいだろう》
題名から一風変わった映画に出演する事になった。
タイトルよりインパクトのある映画になるだろうと明かしたが「火星に行った男」以降
2度目の共演のキム・ミンジュンに対して《いつまでも変わらない友人》と語った。

特に今日の撮影を控え昨日夜あまり眠る事が出来ない位撮影が心配だったと言うキム・ミンジュンは
《練習をあまりする事が出来ずバレーはする度に難しいジャンル》と感想を述べた。
体で表現するまた違う芸術だから撮影が終了しても習っていきたいぐらい魅力的なものだと
話しながら映画で少しのシーンでも最善を尽くす姿を見せた。



「礼儀なき者たち」の演出を任されたパク・チョルヒ監督は《寒さとの戦いが一番辛かった》
個人的には悩みが多い時は申し訳ない位、集中して100回褒めても足らない俳優たちだ。
シナリオを書いたきっかけは象徴的なものがなくなればと言う願いで全般的な社会の悪を扱っている。
政治家と宗教家が出てくるが職業ではなく象徴的な意味で見てほしいと、
観客の立場でカタルシスを感じてほしい映画と演出の意図を明かした。

懇談会の最後に《見終わってあの部類の属するかと振り返ってほしい映画を撮りたかった》と
パク監督は撮影用の椅子に映画タイトル「礼儀なき者たち」が書かれアイロニーを感じたと付け加え
隣でシン・ハギュンは《監督、椅子だけですよね》と言い沸き合いあいの雰囲気で終了した。
映画のキーワード'闘牛'が含まれている「礼儀なき者たち」は現在90%以上撮影が終了している。

●ここで終わるとかなしいだろう〜非公開現場写真公開!


そうだろう!ああやって押さないといけないんでしょう!


見るに忍びない開脚に成功したキム・ミンジュンのかわいい舌出しを見ろ〜


雲が出ていた為に取り消されたシーンついて話し合う監督と俳優


サングラスの中に隠されたシン・ハギュンのトレードマーク!100万ドルの微笑み!


ストレッチをするキム・ミンジュン!本当のバレリーナを見てるような錯覚に陥るぐらいかっこいい



映画「礼儀なき者たち」180度開脚芸術でしょ!
2006-2-22--
「あ〜ちょっと待って!」
足を開いてキム・ミンジュンの背中を容赦なく押している。黒いサングラスをしている
シン・ハギュンはそんなキム・ミンジュンを涼しい顔で見つめている。
キム・ミンジュンは真昼間から開脚しているかというと映画「礼儀なき者たち」の撮影の為。
映画ではシン・ハギュンは舌足らずというコンプレックスで話さないヒットマンの役を、
キム・ミンジュンは膝の怪我でバレーを諦めた「バレー」という役を演じている。
去る20日ソウル タンサン駅近くの建物で映画「礼儀なき者たち」の撮影現場が
こうかいされた。この日の撮影は2人のヒットマンがストレッチをしているシーン。
キム・ミンジュンがこの日の撮影が心配であまり眠る事が出来なかったと話すぐらい
大事なシーンだった。2ヶ月間練習して本当に前職がバレリーナのようなストレッチを
しないといけないからだった。元々体は柔軟な方だという彼は冷たい屋上の床で
開脚をするという事は簡単な事ではないだろう。でもこのシーンをスムーズにこなさないと
後で恥ずかしい事になると話し体をほぐす事に余念がなかった。




(写真の下の翻訳:去る20日ソウル タンサン駅近くの建物の屋上で撮影された
「礼儀なき者たち」のワンシーン。ヒットマンシン・ハギュンがバレーキム・ミンジュンの
ストレッチを手伝っている。バレーの場絵には深刻なセリフを話さないといけないが
その姿はなぜかぎこちない)

30分ぐらい体をほぐした後、本格的な撮影が始まった。キム・ミンジュンが苦痛を我慢しながら
最大限普通なふりをしながら開脚をしているがサングラスをしたシン・ハギュンが
キム・ミンジュンの背中を押してあげている。引き続きキム・ミンジュンのセリフ、
でもシン・ハギュンは口だけ少動かすだけでどんな表情か判らない。
言葉を話さないキャラクターという事でヒットマンの心はナレーションで表現される。

セリフもなくずっとサングラスをしている為、シン・ハギュンの演技も大変だ。
目も声も出さず演技するから。表現するのに制約が多いから難しいと彼がいい
でも話さない僕を見ながら演技をする相手の方がもっとたいへんだろうとも話した。
社会で阻害されている彼らが世の中と真っ向勝負する話「礼儀なき者たち」は
現在90%以上撮影を終えこの夏公開される予定。



足が開かず悲しそうなシン・ハギュン
2006-2-22--
-
この話は映画「礼儀なき者たち」の撮影現場で起こった小さな漫画のような想像力を駆使したfactionです。
「礼儀なき者たち」は無礼なこの世の中を自分たちなりのルールを持って生きている
ヒットマンが巻き起こす愉快な映画です。

舌足らずで自ら話さないキラー(シン・ハギュン)、バレリーナ出身の
ヒットマンバレー(キム・ミンジュン)が演じる「礼儀なき者たち」の撮影は大詰めをむかえている。



(世の中随所に礼儀ない者たち、話さないヒットマン彼の名前はキラー)


(貧しいダンサーたちの為に小さな空間を作る事を夢見るバレリーナ出身のヒットマン、彼の名はバレー)

(キム:ヒットマンできるの? シン:一度やってみるだけさ)


(キム:最後まで広げたの?それで。 シン:まだ体がほぐれてないだけだよ)


(シン:あ〜腰がおれそうだよ。 キム:まだ押してもないよ)


(映りがよくないな〜姿勢がよくないな!)


(カット〜!   シン:寒いし、まだ体がほぐれてないんだよ)


(白い字:ハギュンオッパの姿恥ずかしいね。 
黄色の字:本当、日頃ラジオ体操でもすればいいのに… 
赤字:私たちはスタイリスト)


(こんな状態だとは…深刻だな。 黄色の字:僕はバレーの先生)


(これぐらいとは言わないけど…)


11枚目(僕を脅してる?)


(キム:かっこいい? バレーの先生:オーちょっとやるね〜)


(他も見せようか?)


(本当にするのか?)


(キム:抜けたの? シン:俺しないよ)


(キム:ねぇ兄貴、ごめん。 シン:もういいよ。お前はかっこいいよ)


(キム:本当にごめん。頭を下げてあやまるよ。 シン:なんだ、このヤロー、またかっこいいふりしてるのかよ)


(彼らがこうしてぎこちなく座っている間ずっと向こうの鉄橋の上を電車が何度通って行ったか…)



19枚目:結局コンテが変わり

(姿勢がいいぞ、カット、OK! そして無事に撮影が終わりました!!)

※(カッコ)は写真の中の内容です。




撮影現場 スタイリッシュな2人「礼儀なき者たち」
2006-2-21--
20日午後ソウル永登浦区 タンサンドン 国民健康保険管理公団の屋上で
映画俳優キム・ミンジュンが屋上に設置された床に座りストレッチをしていた。

映画「礼儀なき者たち(監督パク・チョルヒ、制作チューブピクチャース」で
バレリーナ出身のヒットマン’バレー’の役で出演中の
彼の横には現役のバレリーナ、ファン・ヨングン氏がストレッチの動作を教えていた。

この日の撮影はヒットマン、バレーが日頃踊りたい人々に場所を提供しようと
購入を計画していた建物が売れてしまい購入出来なくなったという事を
同僚ヒットマン(シン・ハギュン)に話す場面。
ヒットマンバレーには深刻な問題だけどストレッチをしながらそうじゃないような
素振りをしながら伝えるシーン。

バレー(キム・ミンジュン)の前職がバレリーナという事で柔軟な
ストレッチをしないといけない。
この日キム・ミンジュンは開脚をしないといけないが、実際はバレリーナではない彼が
完璧な動作をするには到底難しい状況。

キム・ミンジュンはトレーニングウェアではなく、スーツでストレッチをし、
シン・ハギュンが後ろから押すという場面の撮影が始まった。
撮影途中キム・ミンジュンが「うっ!」という声を出すとシン・ハギュンが
吹き出してしまった。「出来ない」と言いながら
股をさするキム・ミンジュン、シン・ハギュンはそんなキム・ミンジュンの姿を見つめた。
キム・ミンジュンはやりにくそうにしていたがこのシーンに愚痴一つこぼさずに
何度もチャレンジした。

昨年12月初めキム・ミンジュンにストレッチやバレーの動作を教えたという
ファン氏は毎週2〜3回練習をしたが
上手な方だと言い「バレリーナのようにストレッチをするには無理があるが
短期間で一定の水準まで出来るようになった」を絶賛した。

映画「礼儀なき者たち」はちゃんとルールを持って生きていく舌足らずの
ヒットマンが堕落したこの世の中を愉快に勝負に臨むヌワール、ヒットマンのルールは
世の中の癌みないた人「礼儀ない者たち」だけ懲らしめ殺すという事。

幼い時舌足らずでいじめられたヒットマンはコンプレックスをなくす為刀を使いこなし、
お金を集め舌の手術を受けるまでは決して話さないと誓うのだった。
映画の中のシン・ハギュンのセリフはほとんどない。
シン・ハギュンは「映画の中で二言ぐらい話す」と笑いながら話した。
大部分はシン・ハギュンのナレーションで終わる。

バレーはヒットマンの同僚で精神的な支えだ。
ヒットマン(シン・ハギュン)とともに「礼儀なき者たち」を処罰する。
「礼儀なき者たち」のシナリオを下記演出まで行ったパク・チョルヒ監督は
「いろんな事を少しずつ譲歩すればもっと
世の中が美しくなるという思いでこの作品を書いた」と話した。

キム・ミンジュンはこの日の撮影に対して「昨日夜ゆっくり眠る事が出来ないぐらい
この日の撮影が負担に思った」といい「まだ撮影したのを見てないから
判らないが恥ずかしい」とも話した。
彼は「今回初めて舞踊というジャンル挑戦したが体を使って自分をどう表現するか
という点に魅力を感じた」と言い撮影が終わると踊りを習う事も考えていると付け加えた。

去る11月クランクインした映画「礼儀ない者たち」は今月末撮影を終え5月頃公開される予定。





キム・ミンジュンスクリーンクォーター 僕が守る!
2006-2-17--


17日午後6時ソウル光化門市民開かれた広場でスクリーンクォーター
縮小反対映画人と市民団体、農民が一つになってろうそく文化行事
「米と映画」の集会に映画俳優キム・ミンジュンが黒いニット帽をかぶり集会を見守った。

他で記載されたミンジュンssiの集会に参加している時の写真です。

    

◆文化は米と同じです。

スクリーンクォーター死守と韓米FTA阻止に向け「米と映画」ろうそく文化祭
「今日は農民と映画人が一つになった日、楽しく遊んでみよう」
農民と映画人が共同闘争が本格化した17日光化門ろうそく文化祭現場では
公演開始前から2千名あまりの市民たちが集まった。

この人たちは「スクリーンクォーター縮小反対」、「韓国映画支持します」等の
タイトルが書かれたプラカードとろうそくを持ち公演開始を待っていた。
またオレンジ色のハンカチを頭や腕に巻き、このハンカチには
その間一人デモを繰り広げてきた映画人たちのプラカードに書かれた言葉やサインが書かれていた。
舞台の大型スクリーンを通し現場に到着したキム・ミンジュン、イ・ジュンキ等の
姿が映し出されると市民たちの歓喜の声をあげた。

この日の文化祭には5人グループ「オブラドス」の公演で幕を開けそれに引き続き
司会を行ったコン・ヒョンジンが本格的に公演の開会を宣言した。
コン氏は「今日は政府に対する憤怒を少しの間忘れ農民と映画人の闘争が一つになった事を
知らせる場と話一度楽しくみなさんと遊びましょうと話した。

アン・ソンギ氏は「米は私たちの血」、ムン・ギョンシク氏は「スクリーンクォーターは私たちの家」
引き続き俳優アン・ソンギ氏はムン・ギョンシク全国農民会議長が演壇に上がり共同演説を行った。
彼らは「私たちは一つ」、「一つの力は強大だ」、「米は私たちの血」、
「スクリーンクォーターは私たちの家」等スローガンを叫んだ。

市民の歓喜の声はアン氏が「韓国がアメリカの遊び場ではない事をしらせよう」と叫び
ムン議長が「韓国がアメリカの独占市場ではない事を知らせよう」と声を高らかに宣言した。
それに引き続き俳優チョン・ジニョン、チェ・ミンシク、チェ・ジヌク全国映画産業労組委員長が舞台に上がり
彼らとアン氏、ムン議長が一緒に農民歌を歌った。
引き続き歌手兼俳優のヤン・ドングン氏の公演とテジン大学の学生たちの<王の男>の
パロディー演劇で雰囲気は最高潮になった。

演劇は映画<王の男>の中の腐敗した官僚たちの場面をパロディー化した。
ノ・ムヒョン大統領を象徴する食料主権をワイロを渡し「FTA交渉してほしい」と言い、
ブッシュ大統領の仮面をかぶった完了が遠慮すると言い牛肉の輸入と
スクリーンクォーターまでどうぞと言うと最初から与えてくれればという内容の劇だった。
ここでスクリーンクォーター縮小反対をしたノ大統領が過去発言した動画に引き継がれ
市民たちが冷たい視線で見つめた。
”韓米FTA締結されれば全国民が集団利己主義者になる”

この日の舞台に上がったチョン・ヨンセ民主労働党議員団代表は
「こういう場でなければ農民と映画人が手をつなぐだろうか」と話しながら
「米は肉親の良識、映画は霊魂の良識だから全国民がこれを守っていかなければいけない」と宣言した。
また「一部言論、政治家が農民や映画人を集団利己主義者を言い放った」とも話し
「韓米FTAが締結されれば放送、教育、病院、法組系等随時開放されていき
国民全員が集団利己主義者になってしまう、みんなで一緒に戦おうと叫んだ。

引き続きろうそく文化祭に参加した映画人たちが演壇に上がった。
カン・ヘジョン、キム・ミンジュン、キム・ヘス、ムン・グニョン、ペ・ドゥナ、シン・ハギュン、アン・ソンギ、
イ・ビョンホン、イ・ジュンギ、チョン・ドヨン、チェ・ミンシクなど映画俳優20名と、
<王の男>のイ・ジュンイク監督、<ウェルカムトゥマッコリ>のパク・クァンヒョン監督たちが登場し
開かれた市民広場は市民たちの歓喜の声で包まれた。
壇上に上がった人たちと市民たちが全員で「アチムイスル(朝露)」を歌った。

主催者側は大型スクリーンと通じスクリーンクォーター死守一人デモを行う映画人と
去る12月に水鉄砲に遭いながらデモをした農民たちの映像を放映した。
この映像では直接感じるまでは判りませんでした。
「つながれた二つの手は力」というテロップが入り農民と映画人の連帯を強調した。

2006-02-17 【VOD1】 Ohmy News 【VOD2】

このVOD1&2は56秒経過位でミンジュンssiが拝見出来ます!!
(このVOD2の中で向って左端に立っているお方はミンジュン氏です…よね…!??)



See Yaのミュージックビデオ 「恋人の香り」
2006-2-16--
  【VOD】

SGワーナビーがトレーニング、プロデュースを手がけた
女性ユニットSee YaのMV「恋人の香り」が公開されました。

今回のMVにはタレントキム・ミンジュンと「女高怪談4」に出演したチャ・イェリョンが競演し
雪深いソラク山を背景に切ない愛を表現した。
壮大な雪景色が印象的なSee YaのMV「恋人の香り」をご覧下さい。

■See Ya
 SGワーナビーを育てたGM企画の大規模プロジェクトで
 女性ユニット”See ya”は1年前から歌とダンスのトレーニングを積んできた。
 ナム・キュリ(リードボーカル)、キム・ヨンジ(ボーカル)、イ・ポラム(ボーカル)で構成し、
 See Yaは新人だけど今活躍している歌手たちに
 負けない実力の持ち主という評価を得ている。

■恋人の香り
 See Yaのデビューアルバムのタイトル曲SGワーナビーの”狂(クァン)”、
 ビッグ4の”アンタッチャブル”を作曲したチョ・ヨンスの曲で
 明るいメロディーにSee Yaのハーモニーが絶妙によく合っている。

■「恋人の香り」MV
 タレントキム・ミンジュンと「女高怪談4」に出演したチャ・イェリョンが主演、
 雪深いカンウォン道の片田舎を背景にSee Yaの
 初MVは恋人同士がソラク山に旅行に出かけ、思いがけない事故に遭い繰り広げられる物語、
 イ・ヒョリの「エニーモーション」のCFを手がけたチャ・ウンテク監督が演出をおこなった。



ミンジュン氏、映画 '淫乱書生' - VIP 試写会に出席!
2006-2-15--
ミンジュンssiは来週封切りを控えている映画 '淫乱書生'の VIP 試写会に出席しました。
最高のトップスターたちが忙しい日程にもかかわらず出席したようです。
この映画には『アイルランド』で共演した女優シヨン役のキム・ミンジョンさんが出演しています。
チョッとだけですがミンジュンssiの横顔が見られます!

 【VOD】



『キム・ミンジュン山中の恋人で急騰!』
2006-2-07--
イエローチップの超優良株 キム・ミンジュンが停滞した様相を振り払い人気の株価が急上昇している。
タレント キム・ミンジュンは 映画 「女子高怪談4」に 出演したチャ・イェリョンと 共に
「女性版SGワーナービー」と呼ばれる 女性3人グループSee yaの MVに 出演し株主の目を引いている。
キム・ミンジュンとチャ・イェリョンは 先月23日から27日まで 4泊5日の間で雪に 覆われた
江原道の 山奥を 背景にしたSee Yaの 初めてのMVを通し 2人の恋人が雪山に旅行に出掛けるが
突然事故に遭うという話を 描いた物語のMV。
スターチップのボアが国内外で人気を誇り売り上げを伸し成長を記録した。
ボアは 1年前に 業界 最高の待遇を受けて 化粧品ブランドMISSIAの韓国と 中国モデルに 抜てきされた

MISSIAの関係者に よると 2003年から ボアが MISSIA モデルとして活動しながら
新生 ブランドの イメージ 上昇に 大きく 寄与した ゆえに 中国でもいい期待していると 伝えた。
また ボアの 所属事務所 関係者は MISSIAが アジアだけでなく 全米に進出を めざしていて
ボアが全世界でも MISSIAのモデルとして 活動出来る 見通した。

スターチップの東方神技、チャン・ウヒョク、トニーアン、 godや ブルーチップの オム・テウン、チョン・ウォン、
ヒョン・ビン、イ・ヒョリ、イエローチップのキム・オクビン、ムン・ヒジュン、カンタ、イ・ジェウォン、チョ・ヒョンジェ、
SS501、 ニュースターのソ・ジヘ、ソ・ジヨン、ムン・グニョンの人気につながっている。

いつもでも人気を誇るスターチップの神話, ブルーチップの キム・テヒ、 ソンヘギョ、
イエローチップのチャンリョウォン、ハン・ジミン、ダニエルヘニー、スリースター、アイビー、
MC、ク・ヘソン株は横ばいに戻った。

イエローチップの チョ・スンウ、キム・アジュン株は少し 下落傾向を見せた。
本日のスターダク(www.istardaq.com)は キム・ミンジュンの 勢いが 目立つ中で
全般的に 上昇の勢いと 下落傾向が 均衡をなしてしめくくった。





「その日あの山でいったいどんな事が起きたのだろうか?」
See Ya - MV撮影現場
2006-2-01--
See Yaをご存知ですか?18才〜20才まで3名の少女らで構成された See Yaは GM企画が
女性版 SGワーナビーを作り上げる為に準備している 女性グループです。
特にSee Yaの 歌唱力を見た SGワーナービーは 直接プロデュースとコーラスをかって出たと…
ましてやミュージックビデオにははなはだしきは ミュージック ビデオには 人気スター キム・ミンジュンと
チャ・イェリョン、ハ・ソクジンが 出演します。
話題の女性グループ See Yaの ミュージックビデオ 撮影現場を公開します。
(詳細な内容 動画を 参照下さい)

[リポート]
女性版SGワーナビーで知られる女性3人組グループSee Yaの ミュージック ビデオの 撮影現場は
「プラハの 恋人」キム・ミンジュンと「女子高怪談」のチャ・イェリョン、 新鋭ハ・ソクジンが出演しました。
雪の中でだけ 花を咲かせるという 野生の花を 撮影しようと冬旅行に出発する。
そして 山で出会った三 人のラブロマンス。その日 その 山ではどんな事が起きたのだろうか?
深い 山中 森の泉の近く 明らかに水を 飲む為に来た訳でもない男女が甘い キスをしています。
女子を 眺めるかわいい微笑み。そして用心深くあげるドール塔が彼らの関係を話してくれます。
見た目は同じ年頃ではないようだし、だけど年齢など関係ないじゃありませんか。
お互い 愛しあってるのに常に守りおぶっていくだけ…

"あ〜どうしてこんなに軽いんだろう?

キム・ミンジュンの言葉にチャ・イェリョンは幸せそうに見えます。彼女もそういう仕草が
お互い愛し合ってるという事じゃないかしら。
でも一日中おぶって歩いてる事を見ると重力の法則で重く感じる事をオーバーに
こけるとチャ・イェリョンが一言。

チャ:私ってそんなに重い?
キム:そうじゃなくてちょっと膝を曲げようとたから

まして天気までも寒くなってきたから女性はイラツキはじめます。
チャ:オッパ(お兄さん)手袋をはずして!私は素手なんだから…
続き:手袋取るとだめなんだよ。あとではずすよ。
喧嘩もするけど実はすごく仲のいい恋人なんです。

See YaのMVは先月23日からカンウォン道ソラクサンで4泊5日の日程で撮影が行われました。
何よりも大変だったのが寒さでした。
キム・ミンジュンは特技のボクシングの練習で寒さをしのいでいました。
そして寒そうにしてるチャ・イェリョンには幼い時の話を聞かせて寒さを感じさせないようにしていました。

《君は国旗掲揚を知らないだろう?》

《なぜ知らないの?私もちゃんと学校通ったわ!》

キム・ミンジュンが面白くない話をして気を紛らわせているともう一人の主人公が登場します。
ハ・ソクジンの特技はヘリ操縦!
ハ・ソクジンはこうして2枚の写真を写しヘリを離陸させます。
離陸するのには理由がありました。

実に美しい恋人キム・ミンジュンとチャ・イェリョンが事故にあったから。
愛する恋人チャ・イェリョンを安全な場所に退避させどこかに消えてしまうキム・ミンジュン、
救助要請を受けてヘリを急いで離陸したのか?でなければどんな秘密が隠されているのだろうか?
キム・ミンジュンは消えて自分だけ救出された事を知ったチャ・イェリョン、その時自分を助けた後に
キム・ミンジュンが死んだと感じます。そして押し寄せてくる悲しみ。

「その日あの山でいったいどんな事が起きたのだろうか?」
SGワーナビーがプロデュースをし、イ・ヒョリの携帯電話のCFを監督したチャ・ウンテク監督が演出をし、
話題のSee yaのMVは今月中にアルバム発売と同時にお目見えする予定です。

【VOD】   【VOD】



「礼儀ないものたち」 ポスター 撮影現場 公開
2006-1-27--
シン・ハギュン、キン・ミンジュンが最近ソウルのとあるスタジオで行った
「礼儀ないものたち」のポスター撮影を行った。
釜山でほとんどの 撮影が行われた 「礼儀ないものたち」はいざこざの多いこの世の中で
口を 閉じて 生きてい一人のキラーが 自分の方式で世の中に立ち向かうという話。
劇中でキラー(ヒットマン) 役を担ったシン・ハギュン「礼儀ないものたち」 の映画紹介して欲しいという
質問に "舌足らずで話をせずに生きていくキラーがこの世を楽しく愉快に生きていく 姿を
愉快に描いた作品と 答えた。
「礼儀ない もの」だけを選び殺すキラーを演じたシン・ハギュンは映画の中のように
黒い衣装とサングラスに身を包んだスタイル。
反面、前職 バレリーナ出身キラー バレエ役のキム・ミンジュンは 髪と服を濡らし
優雅ながらも 孤独な キラーを 表現した。
ポスター撮影場の 雰囲気にすっかり酔いしれたシン・ハギュンとキム・ミンジュンの姿は
「礼儀ないものたち」が どんな 映画なのか判るような’カリスマ’が あふれて出ていた。
普段 兄弟のような間柄でである二人は ポスター撮影の現場でもお互いを 気を使い
「礼儀ないものたち」を撮影しながらより一層 深くなった友情を 示した。
この日 現場でキム・ミンジュンはシン・ハギュンと撮影コンセプトと相手のコンディションを
随時確認するなど熱情的な 姿を見せスタッフ等関係者の 喝采を 浴びた。
無礼な世の中を 生きていく愉快なキラー怪談 「礼儀ないものたち」 は
現在 80% 撮影を 終え今年上半期封切り予定だ。

【VOD1】 【VOD2】



映画『礼儀なき者達』 『シン・ハギュン セリフはないが演技で表現する』
2006-1-26--
【VOD】

舌の手術の為に 請負殺人をする。
短い舌がコンプレックスであるキラー(ヒットマン)と膝の怪我でバレエの夢を
諦めて裏世界への道を 選択した もう一人の ヒットマン。.
独特のキャラクターの2人のヒットマンが世間に 投じる 「愉快な 警告」を
映画 「礼儀なき者達」が5月封切りを 控えて詰めの撮影中です。
映画の撮影現場と ポスター撮影の現場で ヒットマン役を担った
2倍右 臣下菌, 金MINJUN氏を 満NASSNENDEYO.
そのどの映画よりも熱情的に撮影中である二人の俳優に会ってみましょう。

[リポート]
野心のある一夜, 一つ二つずつ 灯る街灯の下を 歩いている 人。
なにか 平凡でない人物である この 男の 正体は シン・ハギュン!
来る 5月 封切りを 控えている尋常でない題目の映画 「礼儀ないもの」。
この 映画で シン・ハギュンが 引き受けたキラー(ヒットマン)という役割も
独特の名前を持っていると いいのですが…

[インタビューシン・ハギュン「礼儀ないもの」 キラー(ヒットマン)役。
Q) どんな 映画ですか?
A) 舌足らずで 話をせず 生きていく キラー(ヒットマン)が
この世を 愉快に 生きていく姿を描いた映画だ。

Q) キラーという役割は?
A) 舌足らずな為に 本人の 意志で 話を せずに生きているが、 舌の 手術を する為に
  キラー(ヒットマン)というぞっとした 職業を 選択するようになる。
  請負殺人 で人を 殺すというが「礼儀ない者達だけ」 殺すという役割。

  闘牛競技を好み シーフード料理を ほとんど 毎日 食べて
  詩を書くのが 趣味である とても 変なキャラクターだ。

すこし 遅れて映画 撮影に 合流したが キム・ミンジュン氏の キラー(ヒットマン)の
変身も 期待します。
[インタビュー:キム・ミンジュン 「礼儀なき者達」の バレエ役]

Q) 「バレエ」という役割は?
A) バレエという名前なんですが、膝の怪我で バレエを諦めてキラー(ヒットマン)に
  転向したシン・ハギュン先輩が演じる役のヒットマンの 先輩格。

口数が少ない キラー役のシン・ハギュン。
当然 セリフより 行動で 役を 表現しないといけないのでうが….
手加減しない シン・ハギュンの 演技にに 小道具が いらない程です。

[インタビュー:シン・ハギュン]
Q) 「礼儀なき者達」として 考えられる もの?
A) 限度も 終わりも ない。
  力を 持っている 人たちが 無力な 人たちを 困らせたり 利用したり…

[インタビュー:キム・ミンジュン]
Q)「礼儀なき者達」として 考えられる ものとは?
A) 相手を ちっとも 配慮 しない時, 例えば 匿名が 保障される ネチズンの DAISKEL.
  そのような 部分で 配慮を しない 人たちら。

赤色の背景に, 赤色の 照明。
四方すべてが すっかり 赤色で セットの場に立った 2 人。
まさに 映画 ポスター 撮影のためになんですが…
Q) どんな 撮影なのか?
A) 私ども 映画の 主な イメージ色合いに すれば 赤い 背景に スタイリッシュで 洗練された
  キラー(ヒットマン)に 二人の 素敵で見事な 姿を 撮影している。

赤い 照明の 下に 立っている 2 人
恐らく 世の中で 最も 素敵な キラーでないでしょうか?
キラーと言えば 浮び上がる事は やはり タバコ。
だが 室内で タバコを吸うシン・ハギュン氏。
あまり 礼儀のない事では…
Q) 映画で 意味する 「礼儀なき者達」とは
A) キラーが 立たせておいた 一つの 基準だ。
  自身の 仕事を 正当化させるための 手段でもある。

シン・ハギュン氏とは違い キム・ミンジュン氏は シャワーで水を浴びる撮影。
キム・ミンジュン氏は 華麗で 節度ある 刃さばき優れ 前職バレーリーナ出身
キラー 役を こなす為に 特別に 準備した事があるようです。
Q) 映画の為に 特別に 準備した事は?
A) キラーの 本分で人を 殺す時 優雅な 動きが 出てくるように 現役 バレリーナ の
  先生の 動きを習い、アクションスクールの監督の 動きを 練習した。.

映画 「礼儀なき者達」は 来る 5月 封切りを 目標に 70%以上 撮影が進んでいる状態ですが。
良い 作品の為に 俳優と スタッフが 最善の努力を しています。
Q) 視聴者の 皆様に。
A) "私どもの 映画 2006年 5月に 封切りしますよ。
  たくさん 期待してくださってありがとうございます。
  まもなく 旧正月です。
  新年おめでとう。

韓国は旧正月なんですね・・・
ミンジュンssi そして韓国の皆様・・・
“新年 おめでとうございます!”



ドラマ 「プラハの 恋人」が日本に最高金額で販売された
2006-1-24--
チョン・ドヨン、キム・ジュヒョク、キム・ミンジュン主演のSBS ドラマ 「プラハの 恋人」が
日本に 最高金額で販売された。
「プラハの 恋人」は外注制作社オリーブナインが制作し24日「日本の タッチドリームジャパン」と
「プラハの 恋人」 版権をギャランティー10億ウォンで締結したと 明らかにした。
オリーブナインによればOSTとDVDなどの版権に伴うランニングギャランティーを含めば
約 30億ウォンの輸出成果が予想されている。
オリーブナインの キム・テウァン常務は 「プラハの 恋人」に対するアジア圏の 関心が熱かった。
香港 中国 台湾 ベトナムとの版権 契約 締結が可視圏にある。
あらゆる契約が締結されれば80億ウォンの版権輸出成果が予想されると話した.
一方 オリーブナインは中国の制作社アンビスタスと中国 及び アジア圏 ドラマ 制作と
配給に関する了解覚書を締結4〜5本の中国 ドラマを製作する予定だ 。





新人タレント、チャ・イェリョンがキム・ミンジュンの恋人役で切ない演技をする
2006-1-24--
チャ・イェリョンは女性3人組グループ 「See Ya」の ミュージックビデオに
主人公として キャスティングされた。
彼女は男性主人公 キム・ミンジュンと 23日から4泊5日の日程で雪に覆われた
雪岳山(ソラクサン)で切ない愛をテーマに演技をする。
チャ・イェリョンとキム・ミンジュンが出演する今回の ミュージックビデオは
雪の中でだけ花を咲かせる野生花を撮影する為に
雪山に 旅行に出発する悲しい 運命を迎える恋人の 話を描く。
イ・ヒョリの 「アニーモーション」などを 演出した チャ・ウンテク 監督が
演出を 引き受けて新人俳優 ハ・ソクチンも 出演する。
一方 グループ 「See Ya」はSGワーナービーを 発掘したGM企画が
女性版SGワーナビーを育てるという野心を抱き準備してきた 新人です。
2月初めアルバムが発売されます。





『礼儀のない者達』 撮影現場から M-net VOD
2006-1-19--
  

   【VOD】



『チェオクの剣』日本版OST発売開始
2005-11-17--
『チェオクの剣』(茶母)の日本版OSTが16日にポニーキャニオンから発売になりました!

  _
曲目


1 宿命
2 因縁
3 悲歌
4 忍耐
5 丹心歌



6 片思い
7 宿命 II(Ballad)
8 辛い恋
9 最後の安息所
10 宿命(Rock/Inst.)



11 哀心歌
12 丹心歌(Ballad/Inst.)
13 宿命 II(Ballad/Inst.)
 -The Strings
14 最後の安息所
※ドラマの名場面集といえるクリップ映像が収録されたDVD付き!

◎チャン・ソンベク(ミンジュン氏)の盛り上がりシーンが始まると必ずとバックに流れる曲が
    このOSTの中の3曲目に入っている『悲歌』キム・ボムス氏の歌なんです。
    そしてこの曲が流れる度に私の心が脱水機に架けられちゃったみたいに
    “ギュ〜ッ!”と胸が切なくなって・・・
    噎び泣きたくなって・・・最後は感動モンで鳥肌が体全体に走って・・・果てるんです!!!
    その位このキム・ボムス氏の歌はこのドラマのシーンをもっと盛り上げてくれます。
    最高〜です♪
  
◎Marthaさんからの一言:「悲歌」3曲目 キム・ボムス
    ドラマの哀歓を、素晴らしい歌唱力で表現できる歌手=ですね〜、素晴らしい♪

嬉しいニュース続きで笑顔溢れ出てスマイル・マークに成っちゃいました!
これからもこの笑顔がミンジュンssiと一緒にズ〜と続きますように…!
                                      P.S. Thank you! popochan !!




ミンジュンssi月間MVP男優部門で見事1
2005-11-17--
韓国のgonews というサイトで行っている 月間MVPの男性俳優部門で
ミンジュンssiが ヒョンビンssiを破って 見事一位に輝きました!
最初 ヒョンビンssiが1位だったのに 逆転 1位獲得。
やはり プラハ効果の様です!



私達ミンジュンssiファンにとって最高に嬉しいニュースです。
これからのミンジュンssiの活躍を皆で頑張って応援して行きましょう〜! イェ〜イ!!
“オメデトウ〜♪ ミンジュンssi♪♪
              P.S. 嬉しいニュース提供して下さって有難う! popochan〜♪



高校在学中身長すでに183cm
2005-11-17--
我等の“星の王子様”ミンジュンssiの身長は186cmと
スラリと均整のとれた長身なのは皆様すでにご存知のとうりですが
高校生の時からすでにもう183cmもあったそうで
通学中バスに乗ると頭が天井に触れて不便でバスに乗るのは苦手だったようです。

      

カッコいいミンジュンssiのオン・パレードです♪♪♪
皆様>Attention、 please!
そこで果ててしまいそうな貴方へマットのご用意を…
私はもうすでに“バタッ!”と天を仰ぐ〜!!!



『強力3班』発売開始とともにビデオ人気1位!
2005-11-16--
アクション映画『強力3班』が発売開始から3週間の間ビデオ人気順位首位を占めてトップを守っているそうです。

  

『プラハの恋人』も視聴率上位守ったいるし…『強力3班』の人気もトップで
ミンジュンssiファンの私達も最高に幸せですね!
心はしっかりミンジュンssiと手に手を取って飛び跳ねながら喜び分かち合い〜♪
早く字幕付きで観たいなァ〜!!




現代デパートで『プラハの恋人商品展』開催
2005-11-16--
『プラハの恋人』関連商品が良く売れているそうです。
現代デパートでは15日から『プラハの恋人』に出た各種商品を集め『プラハの恋人商品展』を開催し、
ドラマ主人公達が着て出演したTシャツ、パンツ、携帯電話など20種類程の商品を紹介しています。
特に今回、現代デパートの紹介する製品は一般商品ではないドラマ製作社と
前もって企画, 別途製作した特別商品です。
インターネット上でも『プラハの恋人』の関連商品が飛ぶように売れていて、
特にチョン・ドヨン演ずる仕事と愛に勇しく輝いているキャリアウーマン風ファッション商品が
一日 2000万ウォン分を販売するなど好調を見せているそうです。





ミンジュンssiが日本で記載されている雑誌いろいろ
2005-11-08--
◎韓国ドラマ・ガイド『チェオクの剣』   NHK出版

◎KOREA+act. 2005 vol.04   ワニブックス
 
◎韓国TV映画ファンBOOK vol.13 2005   英知出版

◎KWやっぱり見たい韓国ドラマ&シネマ 03  kindaieigasha

◎K・Boom vol.04 December 2005   GAM PUBLISHING

◎韓国ドラマ名優カタログ   GAKKEN

◎韓国ドラマ&シネマ スターガイド vol.17 2005  宝島社

◎Brokore Magazine No.1 2005年9月号   imx

◎GINZA 2005年7月号   マガジンハウス

◎韓国花美男イケメンカタログ   二見書房

◎韓国テレビ&シネマ LIFE vol.4   Gakken

これが全てではないのですがもし参考に成れば・・・
私はBook 1st.の床にへびリ着いて探し捲くりました!
この中で6〜7冊位は結構満足しております。




【ASTA TV】 November 2005 Vol. 1
2005-11-08--
ドラマ『プラハの恋人』の記事と写真です。

 

いつ見ても我等のミンジュンssiはカッコイイです!>惚れ惚れx2=失神!!



【Cindy THE Perky】 November 2005
2005-11-08--
 

この♪哀愁漂うミンジュンssiの眼差し♪が心を揺さぶります…秋ですね〜♪♪
そしてこの優しいスマイルもどっちも好いんですヨネ!




【チェオクの剣】のNHK公式サイトオープン
2005-10-08\\
11月3日ようやっと待ちに待った『チェオクの剣』(茶母)がBS2で始まりました!
嬉しいです♪ これで我等のミンジュンssiは日本でも沢山のファンが増えて
もっともっと愛され&応援されるでしょう〜!頑張れ〜ミンジュンssi
NHK公式サイト http://www3.nhk.or.jp/kaigai/tamo/index.html
又NHKから韓国ドラマ・ガイド『チェオクの剣』という本が出版されています。

 

この素晴らしいドラマ『チェオクの剣』の美しい写真集も出版されたらもっと嬉しいなぁ〜!
NHKさん>お願いしま〜す!!




ミンジュンssiついに iモードの『韓流SBSエンターテイメント』に登場!
2005-10-28--
@モードの中の『SBSエンタメ!』に我等のミンジュンssiが登場致しました。
先ず『SBSエンタメ!』の中の
『生放送TV芸能』>『人気俳優ランキング』の10月一週で
ミンジュンssiが5位に入りました。
『番組情報』の49回の中の5番目で『プラハの恋人』の記事が載っていて
そこでミンジュンssiの“イメージを見る”と“動画が見る”が見られます。
『SBSドラマ案内』の中のドラマ紹介の9番目に『プラハの恋人』では
1.作品紹介 2.登場人物紹介 3.ストーリーを見る 4.イメージを見る 5.動画を見る
が満載されています。
『その他番組のバラエティ』では先日ミンジュンssiが出演された
「『夜心萬萬』百人に聞きました」では
5番目にミンジュンssiの写真や出演動画が見られます。

 

もう皆さん御覧に成っていると思いますが・・・
久々の日本帰国でミンジュンssiを携帯で拝見出来るなんて感激です!
『チェオクの剣』もう直放送ですね…今から心ウキウキ興奮気味で〜す!!
ミンジュンssi日本のTVへの初デビューです…皆さん頑張って応援して行きましょうネ!!!



【Esquire】 October 2005
2005-10-04--
又もやミンジュンssiのの特集です。



   

    Esquire 【VOD】

かすかに見えるミンジュンssiのお髭・・・あ〜懐かしい! I miss his beard!!!
男らしさが増して強い顔に成ってきましたね・・・それを“自信”と言うのでしょうか・・・!?
良い味滲み出て来ました!!!これからが又楽しみ倍増です。
イイゾ〜!我等のミンジュンssi〜〜〜!!!



『プラハの恋人』4回放送全て一位を確保!
2005-10-04\\
SBS 週末ドラマ 『プラハの恋人』は
9月24日(初回)放送で全国基準 20.7%, 25日(2回目)20.2%,
10月1日(3回目)20.8%,そして2日(4回目)22.2%の最高視聴率を記録したそうです。

 

頑張れ〜!我等のミンジュンssi・・・彼の熱演も好評で嬉しいですネ!!
まだ観られないけれど・・・この視聴率でどれだけステキなドラマかは想像出来ます・・・。
『プラハの恋人』の出演者の皆様そして全てのスタッフの皆様頑張れ〜!
日本&アメリカから私達ファンも見守って応援しておりま〜す!!!
どなたか・・・もうドラマを拝見している方・・・どうなっているか教えて下さ〜い!
早く観たい〜!!!



キム・ミンジュンとナム・サンミンが地下鉄に乗っている…?!
2005-9-26\\
去る 9月 30日金曜日夕方、映画 『強力3班』の舞台挨拶の時間に合わせる為に
主演俳優キム・ミンジュンとナム・サンミンがラッシュアワーの交通渋滞を避け
地下鉄を利用して他の利用客の一目を引き話題を集めたそうです。



大変ですね…俳優さんも! 
何だか非常に緊張気味のキム・ミンジュンssiとナム・サンミンさん…
そこで微笑んで下さいヨ!>Relax〜Relax〜!!



『プラハの恋人』に日本のTV, 新聞社、雑誌社が深い関心をしめしている!?
2005-9-26\\
28日ニホンTV衛星放送, KNTVを含めて多数の日本雑誌社と新聞社でドラマ撮影現場を尋ねたそうです。
日本では韓国ドラマの視聴率が高くこれからは直接ドラマDVDを購入する人達が多くなり
これからもっと韓国ドラマに対して関心が高まると予想されているそうです。
そしてこのような現象に対して韓国ドラマ制作現場にも注目を置いているそうです。
『プラハの恋人』の製作社オリーブナインのある関係者は『6月に本格的に日本進出の
ために総合エンターテイメント会社AVEXと提携を結んでドラマ共同制作などの
多様な事業論議をしている』と発表しています。



何でヤロ?…と言う事はこれから韓流系の芸能ニュースも増えるという事…!??
だったら凄く嬉しい話です!!!



【Elle】 October 2005
2005-9--
華麗なミンジュンssiの登場です。



    
 

  

燃えに燃えているミンジュンssi…触ったら火傷しそうな位
只今HOT!に燃えています!!
登場する度にどんどん洗練されて美しさに輝いを増してゆく彼は眩し過ぎる程デス…!!!




24日『プラハの恋人』放送スタート!
2005-9\\
24日から毎週土&日曜日の夜9時45分に放送されている
SBSドラマ『プラハの恋人』が視聴率20.7%を突破し大ヒットを予告されています。
視聴率調査会社TNSメディアコリアの集計によれば、24日に初放送された
『プラハの恋人』は20.7%の全国視聴率を記録し、今年最高人気ドラマと
された『私の名前はキム・サンスン』の初放送視聴率18.3%を上回ったそうです。



イエ〜ィ!ヤッタ〜!! 『プラハの恋人』頑張れ〜! ミンジュンssi頑張れ〜!!
ミンジュンssi嬉しいネ!!!




【movieweek】 2005. 9.28 - 10.4
2005-9\\
2冊目のミンジュンssi表紙の映画雑誌です。



 

凄い勢いでブレイク中のミンジュンssi・・・



【Bazaar】 October 2005
2005-9---
今度はBazzarの10月号にミンジュンssiの特集です。

      Bazzar 【VOD】

    

嬉しいですネ〜!! Kim Min Jun…Keep going!!!



【interview】 October 2005
2005-9\\
我等のミンジュンssiもついに映画雑誌の表紙に載りました。



  

皆さん!これからもミンジュンssiと一緒に頑張って応援しましょうネ〜!!
“カッコええ〜ワ〜!!!” 


920日『強力3班』試写会&記者会見が開かれた
今月29日に公開を控えているアクション映画『強力3班』が20日報道陣の為の試写会を開催しました。
ソウル中区ロッテシネマエビニュエル館で開かれたマスコミ試写会には、久しぶりに公開されるアクション映画に
対する期待度の高さを表すかの様に、多くの報道陣が詰め掛けました。
ミンジュンssiは“初めてシナリオを手にした時から自分とこの映画のキム・ホンジュ(役名)のキャラクターは
どういう共通点があるか悩み、映画の中でホンジュが成長して行く過程で、自分自身も一段階成長した。
映画の中のキャラクターと自分が結果的に似ていた”と試写会でそう述べました。
映画の試写会後に設けた記者会見では、映画の演出したたソン・ヒチャン監督と俳優キム・ミンジュン、ホ・ジュノ,
ナム・サンミン、キム・テウクが参加しました。
ミンジュンssiは今回のこの映画がうまく撮れるなら、身体が危険な目にさらされたとしても構わないと言う信念で
体当たりした意思を述べ、この映画に対して並みならぬ信念と気合で挑んだ事がひしひしと伝わって来ます。
又“映画を撮影する中、他の出演者の方達、監督、スタッフの皆様から演技する上で多くの助けとアドバイスを受けた”
と感謝の言葉を述べました。
この映画撮影の間、多くの事を学びこれからの演技に一層の意欲が湧いて来たミンジュンssiでした。




 

  記者会見 【VOD】

これからのミンジュンssiの演技に一層の期待と応援を私達ファンは心から見守っております!
一つ…一つの撮影を踏み、段々素晴らしい俳優に達成し…同時に人間的にも大きく成って行く
ミンジュンssiの完成した演技の色を楽しみに心待ちしています。
今回の映画の中のミンジュンssiの目の演技にとても魂と力が今まで以上に入っている事が
予告編や写真で感じる事が出来ます。
ミンジュン氏頑張れ〜!!!


926日放送予定のSBS番組に出演


 

度重なる記者会見やドラマ撮影最中などのハードスケジュールと
それらの緊張感からか、我等のミンジュンssi痩せてしまいました…ネ。
健康第一!健康にはくれぐれも気をつけて下さいませ!!


13日放送の娯楽テレビ番組に出演


ミンジュンssiはこの番組の中で女性タレント二人にプロポーズされたが断ったそう・・・
余り普段はお酒を飲まないし、タバコも吸わないミンジュンssiのストレス解消法は
ご飯を沢山食べるのだそうです。

>沢山食べる男性大好き!
ガッツイているミンジュンssiもイイナ〜!イイ男は何をしても絵に成っちゃう!!



所でそんなミンジュンssiでも・・・ガールフレンドの誕生日とか二人の記念日とかは
結構忘れちゃうそうです。

彼女だったらやっぱり心淋しいわよね・・・
こんなふうに彼女を喜ばせて上げてネ!

                 娯楽テレビ番組 【VOD】

 


『プラハの恋人』の予告編
予告編 【VOD】




13日午後 『プラハの恋人』製作発表会が行われた
13日江南インペリアルパレスホテルでSBS ドラマ 『プラハの恋人』 製作発表会が開かれました。

 製作発表会 【VOD】

  

こうして見ると我等のミンジュンssiは俳優の自信と貫禄が出て来ましたね・・・
着実に一歩・・・一歩・・・スターダムに上り詰めているミンジュンssiを応援しています!
あのシャイでギコチない質問への応答も冗談が出る位余裕が出て来て・・・頼もしいです!
お髭のないミンジュンssi・・・でもやっぱりステキ!(お髭大好き女の名前を一時返上!)


『プラハの恋人』出演者、監督、撮影関係者 9 2日午後プラハから無事帰国
『プラハの恋人』は9月15日からのプラハやブタぺストなどのロケ撮影を終え、
今月2日の午後に帰国致しました。
しばらく休息し、5日頃から全北扶安を中心にした国内撮影を進行する予定です。
製作社である 'オリーブナイン'は去る 26日全羅北道, プアン郡とオープンセット建立に関する協約を締結して
10月初までにはプアン郡ジュルポ自然生態公園にプラハの町並みをそのまま再現する予定です。
今度の協約には全羅北道とプアン郡が総 8億ウォンを支援し, 今後 “願いの壁広場”と“迷路公園”などを
追加して“願いテーマパーク”を造成する計画です。
今度 'プラハの恋人' セット場建立で多くのアジア観光客たちを誘致することができると期待しているとの事です。


プラハでの現地ロケ( 8 25日)着々と進行中・・・
この日の場面はドラマ1,2回で大統領の娘であるジェヒ(チョン・ドヨン)が
司法試験合格後ヨーロッパへ旅行中の財閥御曹子ヨンウ(キム・ミンジュン)とが
プラハで運命的な出会いをして恋に陥ってから、お互いの結婚の許しを得にヨンウが
韓国へ帰国する事になり暫しの別れを悲しみ、強く抱き合う二人のシーン…



…しかし…ヨンウはその後5年間と言う間ジェヒの前から消息を絶ち
ジェヒは心に深い傷を負ってしまう…

一方ジェヒと平刑事サンヒョン(キム・ジュヒョク)の恋の発展は…
プラハのホテルで偶然すれ違う二人のシーン…



20部作放送予定の『プラハの恋人』は来る9月24日から
毎週土・日曜日夜9時45分から放送される。
ロケ製作チームは今月末、プラハ現地ロケを終えて帰国する。


『プラハの恋人』出演者一行 8 15日プラハへ出発、ロケ地での撮影開始・・・
キム・ミンジュン氏は5月20日からクランクインした『強力3班』の
2ヵ月半の撮影を8月4日にクランクアップした。
『強力3班』の撮影中過激なアクションシーンで4針も縫うケガをおったり、
強硬なスケジュールを経て無事撮影を終えた。
映画収録後直ちに『プラハの恋人』の撮影が開始し、
この8月15日、この映画の撮影の為共演者そしてスタッフ一行とプラハへ旅発った。
『プラハの恋人』は、去年視聴率が高かったドラマ『パリの恋人』の
シン・ウチォル PDと作家キム・ウンスックそして『不良主婦』を製作したオリーブナインが
作って話題を集めている作品である。
ドラマの中で共演者チョン・ドヨンさんは外交官役で、仕事でプラハに滞在中、
フランスから旅行でプラハに来ていたキム・ミンジュン氏と出会う。
ドラマの中で共演者チョン・ドヨンさんは現職大統領の令嬢役で規制・拘束された
生活を送っている。 キム・ミンジュン氏は裕福な財閥の御曹司役で、司法試験に
合格する程の秀才で検事となるが、その一方自由気ままな生活を送っていた。 
チョン・ドヨンさんが外交官として仕事でプラハに滞在中、何か新しいアドベンチャーを
求めてフランスからプラハに訪れているキム・ミンジュン氏と出逢い、二人は恋に陥る。

『プラハの恋人』 チームは 2週間のドラマ撮影後、28日に帰国予定で、
一方このドラマは9月24日に初放送される予定である。

また『プラハの恋人』の製作会社 オリーブナインは17日 、『プラハの恋人』
オリジナルサウンドトラックに林再犯, パク・ハッキ,T などの参加が確定し、
『オールイン』などのアルバムを作ったチェ・ソンウク音楽監督が総指揮を引き受ける
予定だと発表した。


『プラハの恋人』撮影開始・・・
『プラハの恋人』は「パリの恋人」に続く「ヨーロッパの恋人シリーズ3部作」中の
2番目となる作品で、チョン・ドヨン、キム・ジュヒョク、キム・ミンジュンなどの
人気俳優たちが久しぶりにドラマへカムバックする作品である。 
又神話のアンディもドラマ初出演となる。
チェコのプラハを背景に展開される「プラハの恋人」は、大統領の娘チョン・ドヨンと
末端刑事キム・ジュヒョク、検事キム・ミンジュンとの三角関係を描く。
ドラマの中でアンディは、つめたい検事キム・ミンジュンの異母兄弟で秘書役を担う。
8月4日から初撮影が開始し8月中旬ごろプラハロケを実施すると言う。
一方『プラハの恋人』は『浜辺で歌謡』放送終了後、9月24日から初放送される予定。



CFスター キム・ミンジュン ベンツに乗る
2002-3-11--
「ネクタイはジーンズと同じだ」という題名でKTFのCFでブレイドをかっこよく乗りこなし次世代CFスター
キム・ミンジュン(26歳・トンア大 キョンギ地図科4年休学)が今回ベンツに乗る事になる。
国内で制作し今月中旬からベンツのCFの主人公としてお茶の間にお目見えする。
KTFのCFでは若いCEOとしてブレイドに乗りさわやかに走る姿、
今回はベンツのCFで成功と失敗を表現する若者を演じ
CF界にボブス(ボヘミアン ブルジョア)モデルで注目を浴びている。
186pの高い身長でさわやかな目が魅力的なキム・ミンジュンは
国内ファッションモデル界で一番注目を浴び、
次世代スター、アンドレ・キム、ビビアン ウェストウッド、ジョルジオアルマーニ、
グッチ等国内外の有名ブランドのショーに参加し、第2のチャ・スンウォンと評価が高かった。
陸上と器械体操等万能スポーツマンの彼は中学生の時から陸上選手として活躍したが
94年に怪我で陸上を諦め後、周囲の勧めでCFモデルとして人生目標を変えた。
去年パク・ドルスンと共にファッション雑誌家協会が選んだ最高のモデルに選ばれモデル界での評価を上げてきた。
キム・ミンジュンは健康な青年と貴公子スタイルの外見が調和しそのイメージが高い評価をもらい
ベンツで韓国人初のCFモデルに選ばれた。
キム・ヒョンジョンのMV、新人歌手イルチンのMVでも主人公としても輝きを見せ、
キム・ミンジュンは最近スクリーンとブラウン管で同時にラブコールを受けている。




1